ササミ。

ダイエットや筋トレをしている方は、普段非常によく食べられるかと思います。

私も昔、めちゃ筋トレにハマった時期は、毎晩毎晩ササミを食べてました(^^;

基本、ササミを茹でて食べてたんですが、いつもパサパサになってしまい、正直あまり美味しくありませんでした。

でも、『自分で作るのはこんなもん。しょうがない。我慢我慢…』と諦めていました。

今もしばしばササミを食べたいと思う時はあるんですが、どうしてもその時のトラウマが…。

どうにか簡単に美味しくササミを食べれないものですかね…。

 

はい。

2019年10月24日放送の『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』でやっていました、ササミをパサパサにしない茹で方

更に!

ササミをジューシーにするやり方まで紹介されていました。

しかも!

どっ簡単でしたよ♪

 

ということで今回は、2019年10月24日に放送された『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』。

ササミをパサパサにしない茹で方についてや、砂糖を使って、よりジューシーなササミにする方法についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

ササミをパサパサにしない茹で方って?【ハナタカ】

ササミをパサパサにしない茹で方なんですが、超簡単です。

水の状態の時にササミを入れ、沸騰しそうになったら火を止めて、予熱でじっくり火を通すだけです。

ね、簡単ですよね♪

 

私はササミを茹でるとき、沸騰したお湯に入れて、中に火が通るのをじーっと待つって感じでした。

結構私と同じだという方多いんじゃないでしょうか。

 

でもこれだと、外側はもう十分火が通ってるんですが、中がなかなか火が通らない!

そのため、結果茹ですぎてしまい、パサパサなササミになってしまうんですね。

 

水から茹で、沸騰させずに予熱で中まで火を通す(茹でる)だけ。

こんな簡単なことでササミのパサパサがなくなるなんて…。

明日から…いや、今日から美味しいササミが食べられますね♪

スポンサーリンク

砂糖を使うとよりジューシーなササミに!?

でも待ってください!

更にそのササミを、よりジューシーで美味しいササミにする方法も紹介されていました。

こちらもどっ簡単です。

 

ササミに砂糖をまぶす(塗る)。

ただそれだけです。

 

「さ、砂糖!?」

ってちょっと思いましたが、砂糖を塗ったからといって、ササミが甘くなるとかはないそうなんでご安心ください。

砂糖を塗ることで、砂糖の成分が肉のタンパク質と水分を結びつけるので、よりジューシーで美味しくなるんだそうです。

これも早速今日から実践できますね♪

鶏肉専門店の豆知識

その他、番組で紹介されていた、鶏肉専門店さんの豆知識もご紹介しておきますね。

 

チキンカレーには何の肉がいいの?

肉と骨から旨味が出るので、胸肉やもも肉よりも、手羽元など骨つきの肉の方がいい。

 

皮をパリパリに焼くには?

強火のほうがパリッと焼けそうだが、中に火が通る前にコゲてしまうので弱火で焼く

また、焼きムラを防ぐために、火を付ける前にフライパンに乗せて焼く

また、水を張った鍋などで押し付けると、その重さで皮全体とフライパンが密着し、全体がこんがりパリパリに焼ける。

 

ササミは鶏のどの部分のお肉?

ムネ肉です。

 

冷めたから揚げを温めるいい方法って?

電子レンジで温めると固くなる・パサパサになる・シナ~っとなっちゃうので、冷めたから揚げをジップロック等の保存袋に入れ、炊飯器で温めると、蒸らした感じになり、水分が逃げずにふっくらする。

蒸気などで温める、蒸す・蒸らすようにして温めるといい。

 

以上が鶏肉専門店さんの豆知識です。

から揚げの温め方法は、結構使えるかと思います。

蒸らしになるので、ちょっと温めに時間はかかっちゃうんですけどね(^^;

まとめ

パサパサじゃなく、ジューシーで美味しいササミにするには、

①ササミに砂糖を塗る
②水の状態でササミを入れ、沸騰しそうになったら火を止め、予熱でじっくり火を通す。

これだけです。

 

こんな簡単なことで、パサパサササミとお別れできるなんて…。

知らないって怖いですね。

皆さんも早速今日から試してみてくださいね♪

 

※番組で紹介されていた鶏肉専門店、『鳥彦』さんの簡単な情報を掲載しておきますで、お近くの方はぜひ一度行ってみてください。

おすすめは、
1日限定40個 チキンコロッケ98円

 

東京都港区白金にある鶏肉専門店『鳥彦』

【住所】東京都港区白金6-2-6
【電話】03-3473-0821
【営業時間】10:00~20:00
【休業日】日曜・祝日
【駐車場】なし(近隣にコインパーキングあり)
【HP】なし

スポンサーリンク