『子供の野菜嫌いをなんとか克服させたい!』と思い、子供がわからないぐらいに野菜を細かくしたり、色んなものにくるんだりと、試行錯誤されている親御さんは多いかと思います。

しかし、子供の味覚は鋭く、どんなに細かく刻んでも、どんなにくるんだり混ぜたりしても気づいちゃうんですよね(ーー;

子供の野菜嫌いを、簡単に治す方法ってないもんなんですかね…。

 

はい。

2019年10月24日放送の『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』でやっていました、子供の野菜嫌いを克服させる方法。

しかも、みそ汁の作り方を変えるだけという超簡単な方法!

ダメ元で試して見る価値はありますよ♪

 

ということで今回は、2019年10月24日に放送された『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』。

子供の野菜嫌いを克服させるためのみそ汁の作り方について。

そして、味噌の専門店さんの豆知識についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の野菜嫌いを克服させるためのみそ汁の作り方【ハナタカ】

子供の野菜嫌いを克服させるためのみそ汁の作り方ですが…

出汁(だし)を入れずに作る、ただそれだけです。

出汁を入れると、味噌の味も際立つし、具の味も際立って、美味しいお味噌汁が出来ます。

しかし、野菜が嫌いな子供にとっては、その嫌いな野菜の味も際立ってしまうので、出汁を入れることが逆効果になってしまうんですね。

出汁を入れないことにより、味噌の味が具に染み込んで、味噌が野菜の味をカバーする(野菜の味をくるんでくれる)ので、野菜の癖が減り、野菜嫌いな子供も食べれちゃうということです。

 

「え~っと私、出汁なんて入れてないですけど…」

という方も多いかと思います。

その場合、”出汁入りの味噌“を使っているかと思いますので、”出汁が入っていない味噌“を使うだけで大丈夫です。

 

番組では、野菜嫌いの子供が美味しい美味しいと言ってバクバク食べていましたので、試して見る価値はありますよ。

スポンサーリンク

味噌専門店の豆知識

その他、番組で紹介されていた、味噌専門店さんの豆知識もご紹介しておきますね。

 

美味しい味噌ってどれ?

無添加で、長期熟成で、吸気口付きのお味噌。

無添加の味噌は、熟成して、パッケージが膨らんでしまうので、ガス抜きバルブ(呼吸口)がついている。

 

味噌の保存方法って?

味噌を平らにし、ラップをかけて冷蔵庫に保存する。

空気に触れる面積を小さくすることで、酸化を防ぐことが出来、また、冷蔵庫で保存することで熟成が遅れる。

 

味噌専門店が教えたい食べ方!

お椀に味噌と具を入れ、お湯で溶かすだけ。

 

以上が味噌専門店さんの豆知識です。

最後の、お椀に味噌と具を入れ、お湯で溶かすだけって、いわゆるインスタント味噌汁ですよね。

でも、市販のインスタント味噌汁と比べると、自分で好きな味噌を選べ、また濃さも選べ、具材も選べるので、これいいですね。

あと、鍋を使わないので、洗い物も減るので、いいことづくしです♪

まとめ

子供の野菜嫌いをみそ汁で克服!?

と、最初はちょっと半信半疑でしたが、番組で子供たちがバクバク野菜を食べている姿を見て、これは試して見る価値アリだなと思いました。

また、みそ汁だと、人参やネギ、ピーマンやナスなど、いろんな具材を入れることが出来ますからね。

トマトはちょっと微妙な気もしますが…。

みそ汁の作り方を変えるだけでいいという、どっ簡単な子供の野菜嫌いを治す方法。

ぜひ一度試してみてくださいね♪

 

東京都練馬区中村にある味噌専門店『昔みそ 糀屋三郎右衛門』
(西武鉄道 西武池袋線 中村橋駅から徒歩9分(650m))

【住所】東京都練馬区中村2-29-8
【電話】03-3999-2276
【営業時間】9:00~17:00
【休業日】土・日・祝日
【駐車場】なし(近隣にコインパーキングあり)
【HP】糀屋三郎右衛門

スポンサーリンク