Advertisements

2023年11月15日放送の、『それって!?実際どうなの課』。

 

皆さん、夕食は遅い時間に食べると太るという話、聞いたことありますか。

例えば、夜ご飯を18時に食べる人と、22時に食べる人では、22時に食べる人の方が脂肪がつきやすく、太ると言われています。

ある日本の有名アーティストが、18時以降食べないダイエットを行い、かなり痩せたというのは有名な話です。

しかし!

夜遅く食べると太ると言われているものの、早い時間に食べた人と比べ、どれだけ差が出るのでしょうか。

そこで、一卵性双子コンビ、ザ・たっちが、同じメニューの夕食を「早い時間」と「遅い時間」に分かれ、24時間全く同じ生活を送って検証します!

 

そんな、ザ・たっちが検証した、『夜遅く食べると太る?どれだけ差がつくのか?』の検証結果のまとめです。

備忘録として残しておきますので、参考にどうぞ♪

夜遅く食べると太るは本当?嘘?

検証1日目

検証前の2人の体重は?

かずや75.2kg。

たくや76.8kg。

そして今回、夜ご飯を早く食べるのはかずや、遅く食べるのはたくやに決定。

 

早く食べる方は18時、そして、遅くに食べる方は22時に食事をします。

そして、この22時という時間なんですが、絶対に超えてはいけないラインと言われており、その理由が、22時を超えると”BMAL1″が一気に増え始めるからです。

この”BMAL1″というのは、脂肪合成を促進するタンパク質のことで、この”BMAL1″が多い時間に食事をすると、脂肪が溜まりやすくなると言われています。

これが、夜遅く食べると太ると言われている1番の原因です。

基本的に生活リズムは関係なく、多くの人がこちらのグラフのような水位をたどります。

BMAL1が最も少ない15時と比べると、22時から午前2時の分泌量は、なんとおよそ20倍。

今回の検証、早い時間に食べる18時と、遅い時間に食べる22時を比べても、約3倍近く差があります。

 

違いはこの時間だけで、2人とも3食同じ食事をします。

また今回も、「食事の量で痩せたのでは!?」と思われないよう、3日間がっつり飯を用意し、そのカロリーはおよそ2,600kcal。

そのため、夕食は遅い時間に食べると太るという話が本当ならば、早い時間に食べるかずやのほうがたくやより太らないはずです。

果たして、3日間夜ご飯を早く食べるか遅く食べるかで、どれだけ体重差がつくのでしょうか!?

ということで、検証スタートです。

 

【1日目の食事】
朝:カツ丼
昼:タコライス
夜:ミックスフライ定食

違いは18時に食べるか、22時に食べるかだけです。

果たして明日、体重はどうなっているのでしょうか!?

検証2日目

体重測定前、

かずや:僕は18時に食べ終わって、そこから結構空いているので、昨日の体重とあんまり変わんないぐらいじゃないかなと思います。

たくや:僕は増えてると思います。なんたって1ミリもお腹が空いてないので。

と、お腹の空き具合が全く違う2人。

やはりたくやの方が増えているのでしょうか!?

2人の体重は…。

18時に食べた『かずや』は、75.3kgと、昨日から+0.1kg。

22時に食べた『たくや』は、77.0kgと、昨日から+0.2kg。

1日目、2人の差はわずか0.1kgだけという結果になりました

Advertisements

正直この結果だと「遅くにご飯を食べても大丈夫じゃん」って思いますよね。

しかし、検証はまだ始まったばかりです。

3日間で結果がどうなるのか、引き続き検証を続けていきましょう。

 

【2日目の食事】
朝:クリームたっぷりパンケーキ
昼:カルビ丼
夜:ハンバーグカレー

今日も2人の違いは、18時に食べるか、22時に食べるかだけです。

果たして明日、2人に体重差はつくのでしょうか!?

検証3日目

体重測定前、

かずや:お腹ぺこぺこです。

たくや:全然違う。まだやっぱ残ってる感じしますね。

と、遅く食べたたくやは、消化に不安が残っている様子ですが、これが体重に現れるのでしょうか!?

2人の体重は…。

18時に食べた『かずや』は、75.1kgと、昨日から-0.2kg。

22時に食べた『たくや』は、77.1kgと、昨日から+0.1kg。

2日間で0.4kg差と、あまり体重の増減に派手さはありませんが、じわじわと差が広がってきています。

だが一方で、「夜遅く食べてもこれだけしか増えないの?」という気持ちもあります。

しかし最終日、ついに早く食べる派、遅く食べる派の雌雄を決することとなります。

 

【3日目の食事】
朝:ガーリックチャーハン
昼:大盛りナポリタンスパゲッティ
夜:ピザ

今日も3食全く同じ食事をした2人。

違いは、夜ご飯を18時に食べるか、22時に食べるかだけ。

果たして、最終結果はどうなってしまうのでしょうか!?

最終日・検証4日目(検証結果発表)

運命の結果発表。

最終日、2人の体重は…。

18時に食べた『かずや』は、75.1kgと、昨日から変わらず。

22時に食べた『たくや』は、77.1kgと、昨日から+0.3kg。

最終結果は、18時に食べるかずやは0.1kg減り、22時に食べるたくやは0.6kg増えたので、0.7kgもの差がつきました。


あおき内科・さいたま糖尿病クリニック 青木厚 院長

検証前は、

院長:夜遅く食べると基礎代謝量も低下しますし、BMAL1というタンパク質、夜遅くに食べると分泌が高まってしまいますので、脂肪を溜め込みやすくなりますね。

と、夜遅くに食べると太るという話はちゃんと理由もあり、本当だと話されていました。

 

そして、この検証結果を聞いた院長は、

院長:当然の結果ですよね。人間のデリケートな、ホルモンの内分泌系の働きがそのまま出たという感じですね。当然の結果ですよね。本当に痩せたいとか真剣に思ってるんであれば、早い時間に食べ終わる。1つの有効な治療法であるということは、今日のこのNHK教育以上に学術的なテーマを扱ったわけですから、私も申し上げたいですね。

と、検証結果に納得し、また、早い時間に食べることの大切さについて話されていました。

まとめ

ザ・たっちが『夜遅く食べると太る?どれだけ差がつくのか?』を調査した結果、

18時に食べた『かずや』は、75.1kgと、初日から-0.1kg。

22時に食べた『たくや』は、77.4kgと、初日から+0.6kg。

ということで、ザ・たっちの場合、18時に食べるかずやは0.1kg減り、22時に食べるたくやは0.6kg増えたので、0.7kg差がついた、という結果になりました。


Advertisements