中華系のお店には、必ずと言っていいほど置いてある”餃子”。

餃子って、お店によって結構味が違うので、いつもついつい頼んじゃいます。

この東海地方に、どこか美味しい餃子のお店はないものでしょうか…。

 

はい。

2019年12月6日放送のPS純金(PSゴールド)でやってました、“なんでもかんでも機械化したがる餃子店主”のお店

餃子がメインと言うか、店主や店の機械化がメインだったので、味はちょっと心配でしたが、ちゃ~んと美味しかったですよ。

でも、餃子の味や店主、お店の機械化以上にスゴイものを発見しちゃいましたよ。

 

ということで今回は、2019年12月6日に放送されたPS純金(PSゴールド)。

三重県津市安濃町にある『機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さんの、皆が困惑する機械について。

そして、驚きというか衝撃の、豪華すぎる大食いチャレンジの景品などについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

【津市】餃子研究所『ちゃぶちゃぶ』の機械に皆困惑!

三重県津市安濃町にある『餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さん。

お店の正式名称が『機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』と言うだけあって、お店の機械化が半端ないです!

 

でもですね~。

「その機械化…いる?」

っていう機械化なんですよね~。

 

その機械化というのがこちら。

な、何だこれは( ̄□ ̄;

え~、私初見でしたので、困惑しましたよ。

 

すると、テーブルにはこんなものが。

ぎょ、餃子を食べる標準書?

え~、更に困惑しながらその標準書を読んでいると、店主が。

店主:頼みたい商品のボタンを押してください。それ以外の商品(メニュー)の場合は口頭で言ってください。

私:は、はい…。

と。

 

そして、ドキドキしながら『からあげ』と『餃子』のボタンをポチりと。

上の写真は、そのボタンを押したあとの写真なんですが、からあげのボタンは光ってますよね。

なので、ちゃんと押せた、注文できた(かな?)ということは分かったんですが、問題は餃子です。

餃子は、ボタンを押したのに光っていない。

「えっ?これ、ちゃんとボタン押せてたのかな?注文できてるのかな?」

と不安になり、思わず店主に、

私:すいません。私、ちゃんと注文出来てます?。

店主:ん?唐揚げと餃子、1皿ずつだよね?

私:そ、そうです。

店主:うん。大丈夫だよ。

と。

 

そうなんです。

これ、ボタンが光ったり光らなかったりは、ボタンによって違うんです。

「ボタンのアクションは全部統一してよ~」

って、マジで思いましたねw

 

そして、商品を待つこと約5分。

餃子&唐揚げの到着です♪

あっ、あと、ご飯とスープも頼みました。

こちらは口頭でw

ご飯とスープはおかわり自由なので、ちゃ~んとおかわりしましたよ♪

 

そして、気になるお味の方なんですが…。

めちゃくちゃ美味しい!…とまではいかないですが、餃子も唐揚げも普通に美味しかったです。

近くに行った時は、またフラ~っと立ち寄って食べたいですね。

 

あと、私のあとに家族の方が見えたんですが、その方たちも、私同様、

「これ押せてる?(注文できてる?) 注文どうなってる?」

って聞いてましたね。

ということは、これはまだ変更(機械化)の余地がありそうです。

次回行ったときが楽しみです♪

スポンサーリンク

餃子研究所『ちゃぶちゃぶ』の大食いチャレンジの景品が豪華すぎる!

『機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さんは、機械化が気になるところではあるんですが、店内を見渡すと、それ以外にも気になる所がたくさんありました。

その一つが大食いチャレンジです。

「へ~、大食いチャレンジやってるんだ~。う~ん、なになに。へ~、景品もあるんだ。どれどれ…」

と見たところ、かなりの衝撃が走りました。

その、大食いチャレンジ表がこちらです。

上が『一般用』で、下が『レディース&シニア用』なんですが、注目は赤文字になっている部分です。

一般は、『13皿チャレンジでイオン商品券 5,000円』『15皿チャレンジでイオン商品券10,000円分』

レディース&シニアは、『10皿チャレンジでイオン商品券 5,000円』『12皿チャレンジでイオン商品券10,000円分』がもらえちゃうんです!

 

これ、めちゃめちゃお得な大食いチャレンジですよ。

費用(チャレンジコスト)は、MAX10皿分の3,380円なので、実質、お金がもらえて餃子や唐揚げが食べれちゃうってことです。

私はそこまで大食いじゃないのでダメですけど、大食いの人、デカ盛りチャレンジャーの人は是非!

餃子研究所『ちゃぶちゃぶ』はテイクアウトがお得!

『機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さんの、機械化以外にも気になる所。

そのもう一つが、テイクアウトです。

説明するよりも画像・写真をお見せしたほうが早いので…。

はい。

月曜日と木曜日の『テイクアウトの日』は、5%OFF以上が確定ですw

あと、当選確率の向上もしているようです。

え~、大食いチャレンジの景品といい、テイクアウトの割引といい、個人的には、お店的にやっていけるのかどうかがちょっと心配です( ̄  ̄;

 

あと、一応、『機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さんのメニューも載せておきますね。

今回は食べなかったけど、こだわりの自家製プリンが気になる…。

スポンサーリンク

まとめ

三重県津市安濃町にある『餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さん。

『餃子を食べる標準書』と、あえて、”説明書”としていないところとか、あとその”標準書のデザイン”など、プラとか金型の成型をしてる人には、ちょっと刺さる仕様になっているところが素敵でした♪

分かる人には分かると思いますw

 

今回はちょっとお腹が張った状態で行ったのと、あと、大食いチャレンジをやっているということを知らなかったのでチャレンジしませんでしたが、3皿ぐらいはほとんどの人は食べれちゃうと思うので、

『3皿完食して、デザートに景品のプリンを食べる』

『3皿完食して、景品のノンアルコールビールで勝利の美酒に酔いしれる』

なんていうのもいいかもしれませんね。

 

機械化だけじゃなく、いろんな面白い企画を考える『餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』さん。

次行った時は、どんな進化を遂げているのか楽しみです。

(あと、是非、PSタベンジャーズの”のり子”さんに挑戦してみてほしいです♪)

 

三重県津市安濃町安濃にある『機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ』

【住所】三重県津市安濃町安濃2560-48
【電話】059-268-5886
【営業時間】
月・木・金 11:30~14:00 / 17:00~21:00
土・日 11:30~21:00
テイクアウト 営業日の11:00~20:00(お渡し時間は営業時間内)
※2020年1月より営業時間が変更されました(2020年1月26日確認)
【休業日】火・水曜日
【駐車場】あり 無料
【HP】機械の神様が作った餃子研究所 ちゃぶちゃぶ
【Instagram】餃子研究所ちゃぶちゃぶ

スポンサーリンク