2021年1月31日の『前略、大とくさん』で紹介されたお店や商品、サービスのまとめです。【コレ、知ってる?東海エリアご当地グルメ最前線!】

お出かけする時や、商品やサービスを購入する時の参考にどうぞ♪

スポンサーリンク

コレ、知ってる?東海エリアご当地グルメ最前線!

加登屋食堂(岐阜県瑞浪市河戸町)

岐阜県瑞浪市のご当地グルメを食べられるのは『加登屋食堂』さん。
東海地方のかつ丼といえば”味噌かつ”ですが、『加登屋食堂』さんのかつ丼は”あんかけかつ丼”。
1930年代の創業当時、お客さんがたくさん来てくれるのに卵がなかったため、少量の卵をあんで伸ばしたかつ丼を考案。
これが大ヒットし、以来、”あんかけかつ丼”は瑞浪市民に愛されるご当地かつ丼に!
私もいただきましたが、ホント、一度食べたらヤミツキになる味ですよ。

瑞浪市のご当地グルメは、
あんかけかつ丼 750円

あんかけかつ丼

『加登屋食堂』
【住所】岐阜県瑞浪市河戸町1144-6
【TEL】0572-68-6121
【営業時間】11:00~14:30 / 17:00~20:00
【定休日】木曜日
【HP】加登屋食堂【公式ページ】

わだ泉(愛知県名古屋市守山区脇田町)

愛知県名古屋市守山区のご当地グルメを食べられるのは『わだ泉』さん。
こちらのご当地グルメもカツ丼なんですが、ひつまぶしのように食べるカツ丼ということで、ご当地グルメに!
その、唯一無二のご当地グルメ、”醤油カツ丼”は、棒状と丸形が1個ずつあり、それぞれの食感の違いも楽しめます。
また、『わだ泉』さんの醤油カツ丼には、こだわりのうどんも付いてきます。
『わだ泉』さんは、創業50年以上の老舗のうどん屋さん。
うどんが一番人気かと思いきや、今では、“醤油カツ丼”が、うどんもセットで付いてくるということもあって、うどんよりも人気のメニューに!
3度おいしい看板メニューの”醤油カツ丼”、一度ご賞味下さい♪

名古屋市守山区のご当地グルメは、
醤油かつ丼 1,050円

醤油かつ丼

『わだ泉』
【住所】愛知県名古屋市守山区脇田町1606第五サンハイツ1F
【TEL】052-799-0668
【営業時間】
平日 11:00~15:00 / 17:30~21:30
日・祝 11:00~15:00 / 17:00~21:00
【定休日】不定休
【HP】わだ泉本店 – 醤油カツ丼
【Facebook】手打ち麺処 わだ泉

スポンサーリンク

霧下そば 十勝庵(愛知県豊橋市南牛川)

愛知県豊橋市のご当地グルメを食べられるのは『霧下そば 十勝庵』さん。
豊橋といえばご当地グルメの宝庫ですが、『霧下そば 十勝庵』さんで食べられるのは、新豊橋カレーうどんの”白い豊橋カレーうどん”です。
カレーうどんなのに色が白くて、更にお花が飾ってある(食用花が乗っている)ので、マジ映えます!
白色の正体は、チーズとうずらの卵を使ったエスプーマ。
そのエスプーマのおかげで、スパイシーなカレーがまろやかに♪
『霧下そば 十勝庵』さんでは、数年ごとに豊橋カレーうどんを進化!
まるでお花畑のような現在のカレーうどんは5代目。
まだ気が早いですが、6代目のカレーうどんは一体どんなふうになるのでしょうか!?

豊橋市のご当地グルメは『豊橋カレーうどん』
十勝庵さんのおすすめは、
白い豊橋カレーうどん 1,188円

白い豊橋カレーうどん

『霧下そば 十勝庵』
【住所】愛知県豊橋市南牛川1-6-1
【TEL】0532-63-0820
【営業時間】11:00~15:00 / 17:00~20:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【Twitter】霧下そば 十勝庵
【Instagram】霧下そば 十勝庵

フルーツ最中 十み果(愛知県知立市上重原町)

愛知県知立市の”新”ご当地グルメを食べられるのは『フルーツ最中 十み果(とみか)』さん。
SNS映えするということで、フルーツサンドが流行りましたが、『十み果』さんでは、“フルーツ最中”という、新SNS映えスイーツがいただけます。
フルーツごとに違ったカラフルな皮や餡を使っており、映えること間違いなし!
もちろん、映えだけじゃなく、ちゃ~んと味にもこだわっていますよ♪
映える写真を撮って、その見た目を楽しんだら、最中の皮で中のフルーツを押し潰して食べる。
押し潰して食べるというのが、なんだかお行儀が悪いような気がしますが、美味しく食べる、きれいに食べるためには、ちゃんとフタをする・もなかにして食べてくださいね。

知立市の新ご当地グルメは、
フルーツ最中 各種

フルーツ最中

『フルーツ最中 十み果(とみか)』
【住所】愛知県知立市上重原町恩田208
【TEL】0566-87-0427
【営業時間】10:00~20:00(売り切れ次第終了)
【定休日】不定休
【HP】フルーツ最中 十み果
【Instagram】十み果

スポンサーリンク

ごはんの里 エザカ(愛知県高浜市田戸町)

愛知県高浜市の”新”ご当地グルメを食べられるのは『ごはんの里 エザカ』さん。
明治時代から高浜市で愛されているごちそう”とりめし(薄くスライスした鶏肉をたまり醤油などで味付けした混ぜご飯)”が、新ご当地グルメに!
高浜市のご当地グルメ”とりめし”を、歩きながらどこでも食べられるようにと、”とりめしバーガー”を考案!
油あげにかつおだしを染み込ませ、丁寧に焼き目をつけたら、その中にとりめしを詰め込んで、バーガーのように見立てたら完成!
レンジで少し温めて食べるのがオススメとのことです。

高浜市のご当地グルメは『とりめし』
ごはんの里 エザカさんのおすすめは、
とりめしバーガー 250円

とりめしバーガー

『ごはんの里 エザカ』
【住所】愛知県高浜市田戸町6-6-23
【TEL】0566-52-3535
【営業時間】8:30~17:30 ※注文は、基本的には2日前までに連絡 / 大量注文(約500食以上)の場合は、1週間前までに連絡
【定休日】無休
【HP】【ごはんの里】

スパゲッ亭チャオ 本店(愛知県豊橋市広小路)

愛知県豊橋市のご当地グルメを食べられるのは『スパゲッ亭チャオ』さん。
“あんかけスパ”は名古屋のご当地グルメですが、『スパゲッ亭チャオ』さんでは、そのあんかけスパを鉄板でいただきます。
チャオの”鉄板あんかけスパ”は、アツアツの鉄板で提供されているということもあり、あんもパスタもなかなか冷めない!
そのため、最後までアツアツで美味しくいただけます。
また、鉄板の下に卵を敷いていたり、名古屋のあんよりもとろみの強いあんをたっぷりと使っていたりと、チャオならではのあんかけスパをいただくことが出来ます。
大とくさん(テレビ)では、去年の朝ドラ”エール”をモチーフにした新作、”2020エールスパ”をご紹介していましたが、“鉄板あんかけスパ”は、どれもこれもどウマいですよ♪

豊橋市のご当地グルメは『チャオの鉄板あんかけスパ』
スパゲッ亭チャオのおすすめは、
2020エールスパ 1,100円

2020エールスパ

『スパゲッ亭チャオ 本店』
【住所】愛知県豊橋市広小路1-45 2F
【TEL】0532-53-1684
【営業時間】11:00~21:30(L.O. 21:00)
ランチタイム 11:00~15:00
おやつタイム 14:00~18:00
ディナータイム 17:30~21:00
【定休日】年中無休
【HP】チャオ本店(直営) – スパゲッ亭チャオ
【Twitter】スパゲッ亭チャオ

丸石醸造(愛知県岡崎市中町)

愛知県岡崎市の知る人ぞ知るご当地グルメを食べられるのは『丸石醸造』さん。
酒蔵で週1日(毎週土曜日)しか販売しない…というかできないので、知る人ぞ知るご当地グルメなんですね。
そのご当地グルメというのが絶品の”酒まんじゅう”。
“大吟醸 徳川家康”の酒粕を使うことで、品のある香りと、あんこの甘さが絶妙にマッチした酒まんじゅうに。
岡崎の老舗酒造が販売する、“レアな酒まんじゅう”なので、タイミングが合えば手土産とかにいいかも知れませんね。

岡崎市の知る人ぞ知るご当地グルメは『酒まんじゅう』
丸石醸造さんのおすすめは、
長誉まんじゅう(6個) 660円

長誉まんじゅう

『丸石醸造』
【住所】愛知県岡崎市中町6-2-5
【TEL】0564-23-3333
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】無休
【HP】丸石醸造株式会社

和食レストラン 穂のはな(愛知県豊橋市花田町)

愛知県豊橋市のご当地グルメ・新ブランド食材を食べられるのは『和食レストラン 穂のはな』さん。
その、豊橋生まれの新ブランド食材というのが、”豊橋牛”。
豊橋牛とは、乳牛として知られているホルスタインを、豊橋でストレスを与えずに育てた新しいブランド牛のこと。
旨みたっぷりの赤身を楽しむお肉で、脂があっさりとしているのが特徴。
『穂のはな』さんでは、その新ブランド食材の豊橋牛を、ホテルランチ”焼きしゃぶ御膳”でお得に食べられます。
“焼きしゃぶ御膳”は、豊橋牛のしゃぶしゃぶと、豊橋牛の焼き肉が同時に楽しめるという、なんとも贅沢なランチになっています。

豊橋市のご当地グルメ・新ブランド食材は『豊橋牛』
和食レストラン 穂のはなさんのおすすめは、
焼きしゃぶ御膳 3,200円

焼きしゃぶ御膳

『和食レストラン 穂のはな』
【住所】愛知県豊橋市花田町西宿(ホテルアソシア豊橋 5F)
【TEL】0532-57-1037
【営業時間】
ランチ 11:30~14:30(L.O. 14:00)
ディナー 17:00~20:30(L.O. 20:00)
【定休日】月曜日・火曜日
【HP】和食レストラン 穂のはな – 豊橋駅直結 ホテルアソシア豊橋【公式】

スポンサーリンク