最近、旅の目的地にもなりつつある『道の駅』

地元の野菜や果物や名産品が売っていたり、食堂ではその地域の味を楽しむことが出来たりと、道の駅は、存分にその地方を満喫できます。

 

私もふら~っとどこかへ出かける時は、帰りがけによく道の駅に立ち寄ります。

何か”これを買う”という目的とか全然ないんですけどね。

気づけば道の駅に吸い込まれています(笑)

 

はい。

PS純金(ピーエスゴールド)の、2019年7月26日放送分でやっていました、道の駅『田原めっくんはうす』♪

テレビでは、バカ売れフルーツの○○や、白いひつまぶしと呼ばれている○○について紹介されていました。

これはドライブがてらに行かなくては!

 

ということで今回は、2019年7月26日に放送されたPS純金(ピーエスゴールド)。

愛知県田原市にある道の駅『田原めっくんはうす』さんの、2階の食堂で販売されている『白いひつまぶし』について。

そして、この時期限定のバカ売れフルーツについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【愛知県田原市】道の駅『田原めっくんはうす』で食べられる白いひつまぶしって?

愛知県田原市にある道の駅『田原めっくんはうす』さん。

ここの2階にあるお食事どころでは、”白いひつまぶし“を食べることが出来ます。

 

「ん?白いひつまぶし?うなぎの蒲焼きじゃなくて白焼きのこと?」

って普通思いますよね。

 

いやいや、『田原めっくんはうす』さんは、その想像の斜め上を行ってます。

 

はい。

その白いひつまぶしがこちら。

はい。

白いひつまぶしとは、釜揚げしらす丼のことです。

 

田原市と言えば”海の幸”ということで、近くの赤羽漁港で水揚げされたしらすを直送しているんです。

でも、白いひつまぶしと呼ばれるゆえんはその食べ方にあるんです。

 

この白いひつまぶしこと釜揚げしらす丼。

一杯目は、『ショウガ+だしじょう油』でシンプルにいただきます。

だしじょう油だけでもいいんですが、それだけだとちょっと甘ったるくなってしまうので、ショウガをプラスし、少し辛味を加えることで、絶妙な味になります。

そして二杯目は、『半熟卵+だしじょう油』と、少しアレンジが入ります。

そして最後、三杯目はお茶漬け♪

かつおベースのだしをかけていただきます。

ここではわさびを程よく入れることで、大人のお茶漬けを楽しむことが出来ます。

 

このように、ひつまぶしのように、いろんな食べ方で楽しめるということから、地元では白いひつまぶしと呼ばれているんです。

 

しかも驚くなかれ。

その釜揚げしらす丼のお値段、なんと1,080円。

 

「ひつまぶしはね…。お値段がちょっとね…」

と敬遠されている方。

ぜひ、この白いひつまぶしをどうぞ。

 

あっ、あと他にも、おおあさり定食 1,680円や、めっくんはうす丼 1,480円など、田原市の漁港で揚がった新鮮な魚介をお値打ち価格でいただけるので、お友達とでかけた時は、ちょっとシェアするのもありかもしれませんね。

スポンサーリンク

道の駅『田原めっくんはうす』で買える時期限定のバカ売れフルーツって?

道の駅『田原めっくんはうす』さんは、食べるだけじゃないんです。

はい。

道の駅ということで、いろんな地元のものが安く買えるんです。

 

更に!

今の時期にしか手に入らない、田原の名物があるんです。

他でも売ってはいるんですが、売っているお店が結構限られてしまうので、皆さん、『田原めっくんはうす』さんにそれを目当てに買いに来るようです。

 

その、皆を虜にしている田原の名物というのが..

 

・・・

 

イエローキングです!

 

「あ~、あれね」

とピンときた方。

あなたは東三河っ子です♪

イエローキング、全国的には珍しいようですが、どうやらこのへん(田原市)の人にとっては常識のようです。

 

その、イエローキングの画像がこちら。

パッと見、オレンジとかグレープフルーツの大きい版みたいに見えますが、いやいや全然違います。

 

はい。

そのイエローキングを切った画像がこちらです。

今度はパッと見、色が白いということもあり、梨っぽく見えますが、このイエローキング、田原では黄色いメロンと呼ばれています。

さすがにキングと名がつくだけあって、数ある品種の中でもイエローキングは人気の王様。

連日メロンマニアが殺到し、イエローキングはバカ売れ状態です。

 

もちろん、バカ売れするにはちゃんとした理由があります。

 

まず1つ目は糖度

14~15度と、高級ないちごと同じくらいの甘さです。

 

そして2つ目が食感

普通のメロンのジュクジュクとした感じではなく、サクッっていう感覚なので、この夏の暑い時期に、さっぱりとした味を楽しむことが出来ます。

 

そして最後3つ目はその値段

やっぱり皆さんここなんじゃないでしょうか。

値段は季節と大きさによって変わるんですけど、大体500円です。

 

「ワ、ワンコイン!?やすっ!」

って思いません?

がわが黄色いからといってもメロンですからね。

 

時期限定のバカ売れフルーツ、イエローキング。

バカ売れというだけあり、買いにきたものの、売り切れているという可能性は大です。

道の駅『田原めっくんはうす』さんに立ち寄った時は…。

いや、立ち寄ってイエローキングが売り切れてなかった時は、是非自分用のおみやげにどうぞ。

まとめ

愛知県田原市にある道の駅『田原めっくんはうす』さん。

ドライブがてらに田原へ行き、道の駅『田原めっくんはうす』さんで”白いひつまぶし”を食べ、お土産にバカ売れフルーツ・イエローキングを買って帰る。

なんともゆったりとした、いい一日なんじゃないでしょうか。

 

これだけでも十分ですが、更に伊良湖岬に行ってブラブラとお散歩。

そして、帰りに豊橋市の『hana・yasai』に寄って、萌え断サンドを食べて帰る。

と、ちょっと濃い~一日を過ごすのも、日によってはありかも知れませんね。

 

道の駅『田原めっくんはうす』さんまでだったら、近くまで電車でも行けるので、のんびりと電車に揺られる旅というのも良いかも知れませんね。

 

愛知県田原市にある道の駅『田原めっくんはうす』
(豊橋鉄道渥美線 三河田原駅から徒歩12分(1.0km))

【住所】愛知県田原市東赤石5丁目74番地
【電話】0531-23-2525
【営業時間】
(お土産コーナー)9:00~19:00
(1階食事処)11:00~20:00
(2階レストラン)平日11:00~15:00・土日祝10:00~17:00
【休業日】年中無休
【駐車場】あり(バス専用 6台・身障者専用 3台・乗用車用 150台)
【HP】道の駅田原めっくんはうす

スポンサーリンク